良くあるご質問

良くあるご質問をまとめています。

ファンダイブ・体験ダイビング等のキャンセル料は取っておりませんが、体調不良や急用の場合は、出来るだけお早めに連絡頂けると助かります。

沖縄や海外等のリゾートツアーについてはキャンセル料が掛かります。

基本的には、前日にお客様より15:00~20:00の間に電話かメールで「明日はどうですか?」と予約の確認も兼ねて、お問い合わせを必ず頂く形をとっています。その際に確実に海が荒れるようであれば「中止」をお伝えし、天気予報だけでは読めない海況の場合は、当日まで待てる方には、当日朝、海況を確認して「開催」または「中止」の決定をさせて頂きます。

上級者やこちらの海に慣れた方には可能ですが、初めてご利用の方や初心者の方には、中止とお伝えする場合も御座いますのでご了承下さい。

Cカードを取得してからブランクがあったり、以前ダイビングしていたんだけど空いてしまった、スキルが不安。また来週リゾートにダイビングに出かけるんだけど、その練習で。

そんな方の為に、リフレッシュコースを開催しています。

マンツーマンもしくは、ガイドインストラクター1人に対してゲスト2名まで


リフレッシュコース①

1本目は、出来るだけ不安を取り除いた形でゆったりスタートし、基本となるスキルを復習します。水慣れも兼ねたファンダイブへ移行し、1本目の様子を見て、ご相談の上、2本目のダイビングとなります。


リフレッシュコース②

ブランクが5年以上やCカードを取得してからそのままブランクが開いてしまった方は、こちらのコースがお勧めです。

まずはプールでスキルの確認・評価し、水慣れを十分してから、思い出しながらの1DIVE。


また通常のスクール・ファンダイブでは教わらない様な隠れたテクニック等、ご自身のダイビングスキルの確認という面においてもとても充実できるコースとなっていますのでブランクではない方も参加出来ます。

 

 

 

沖(外洋)ボートの場合は、安全の為、必ず携帯して下さい。万が一単独で流された時にダイバーだけだと船からはとても見えずらいです。フロートがあると500m以上離れても船から目視出来ます。

駐車場は、港の駐車場をご利用下さい。なめがわダイビングサービスの目の前が管理人室になっておりますので、そこで整理料として¥400-をお支払い頂き、駐車して下さい。

ダイビングのCカード(ライセンスカード)を発行する指導団体です。日本には30以上のダイビング指導団体があり、最も大きい団体の1つです。

PADIは、Professional Association of Diving Instructorsの頭文字をとった略で、世界最大のダイビング教育機関です。アウター(なめがわダイビングサービス)は、PADIの登録店となっており、スタッフもPADIインストラクターで、あらゆるダイビングエリアで通用するライセンスカードを発行しています。

 

寒がりの方ならドライスーツをお勧めします。ドライスーツというのは、スーツの中は、衣類をインナーとして着て、濡れる所は、手と頭だけのスーツです。ドライスーツの中のインナーを調整する事で、夏場でもドライスーツでダイビングされる方もいらっしゃいますし、冬の水温でも快適にダイビングを楽しめます。

生理中でも頭痛や腹痛など体に不調がなければダイビングしても大丈夫です。自分の体と相談してダイビングする様にして下さい。女性インストラクターも常駐していますので、お気軽にご相談下さい。

もちろんお一人でも参加出来ます。一人でいらっしゃる方もとても多いです。ダイビングという共通のテーマを持った方々が集まって経験を共有するので、老若男女問わず沢山の仲間が出来るのも楽しみの一つです。

行川アイランド駅からの送迎について

8:11着または9:02着の場合は送迎させて頂きます。その後の到着に関してはスタッフが全員ダイビング中の場合も御座いますので、ご相談下さい。お帰りの際は、行川アイランド駅・上総興津駅に送迎させて頂きます。

 

宿泊先からの送迎について

興津地区に宿泊の場合は、送迎させて頂きます。勝浦地区に宿泊の場合は、ご相談下さい。

ランチについては、アウターご利用の方に、サービスで出してますのでお弁当等用意しなくても大丈夫です。メニューは日替りで何が出るかはお楽しみです。

せっかくの勝浦なので「勝浦の新鮮な魚介が食べたい」「勝浦タンタンメンが食べたい」等のご希望があればおいしいお店をご紹介させて頂きます。

なめがわダイビング直営のダイバー優先の民宿「順風」が御座います。行川から車で3分ほどの純和風の綺麗な民宿です。ダイビング予約時に合わせてご予約下さい。

素泊まり¥3.500-

「60歳なんですがダイビング始められますか?」というご質問を多く聞きます。アウターでは12才から80才位までの方が、ダイビングを楽しんでます。定年を迎えてからダイビングを始める方も多くいらっしゃいます。

年齢の上限はありません。健康な方でしたらダイビングは楽しめます。病歴の書類をお渡ししますので、その書類をチェックして頂き、該当する事柄があればお医者さんのサインを頂ければ受講可能となります。

 

12才からダイビング出来ます。

PADIのプログラムでは10才から講習に参加する事が可能ですが、欧米人の10才は体が大きく、10才の日本人の体の大きさでは、耳抜きという作業がうまくいかない場合が多いので、アウターでは12才から受け付けております。(特に身体が、大きいまた水泳を習っているなどの場合は、ご相談下さい。)

 

泳ぎが苦手でも、スノーケリング(マスクとシュノーケル、フィンを使って水面を楽しむ)が少し出来れば、ダイビングは出来ますよ。スキューバダイビングは、器材を使う事で、水中でも陸上と近い感じで呼吸が出来ます。ですので水泳よりもダイビングは上達が、早いと思います。ダイビングを楽しんでいく事で、「水が怖くなくなった」「水泳が苦手じゃなくなった」という方も多くいらっしゃいます。

ダイビングをやってみたいと思ったら選択肢は2つ。

 

〈体験ダイビングをやってみる〉

約3時間のスケジュールで、海水浴の用意で来て頂ければちょっとしたレッスンで、水中で遊ぶ事が出来ます。ライセンスを取るのにちょっと不安がある方も一度体験ダイビングをしてみるのもいいかもしれません。

 

〈ライセンスを取得する〉

ライセンスを取得してダイバーとしてデビュー。ダイビングライセンスには更新はありませんので、一度取得すれば、ずっとダイビングを楽しめ、楽しみながら経験を積む事で、今まで見た事の無い様な生物との出会いや水中景観が皆さんをお待ちしてます。

体験ダイバー

浅場にダイビングする為の最低限のレッスンをして、インストラクターがつきっきりで安全管理、器材の操作をします。ですのでとても手軽にダイビングを経験できる半面、ダイビングする深さや範囲は認定ダイバーよりも狭くなります。体験ダイビングをして、楽しかったらぜひライセンスを取得して下さい。

 

認定ダイバー

安全にダイビング出来る知識と技術を身に着けた、ダイビング団体の発行するライセンスを取得した方が認定ダイバーです。世界のダイビングエリアでダイビングを楽しめます。能動的なダイビング活動が行える様になり、例えばマンタが見てみたい!や水中写真を撮りたい!などダイビングの夢は、無限に広がっていきます。

まず、お店にメールか電話でお問い合わせ下さい。

「オープンウォーターを取得をしたいんですけども」とお伝え下さい。

学科講習・限定水域(プール)講習・海洋実習で3日間~4日間 日程はお客様のご希望に出来るだけ合わせる様に致します。 連続でもお休みのたびにでも取得可能です。

受講が決まりましたら、予習としてDVDをこちらからお送りしますので、それをご覧になってから初日となります。

ライセンスと呼ばれる事が多いですが、正式名称は「Cカード」。〈certification〉認定の略です。

「ライセンスカード」=「Cカード」です。

Cカードにはランクがあり、これからダイビングを始めようとする方が取得するのは、アウターでは「PADIオープンウォーターダイバー」というCカードです。

 

 

水中で危険な生物とイメージの強いサメですが、ダイビングで出会うサメのほとんどは臆病です。こちらのダイビングエリアで見られるサメが襲ってくる事は、まずないでしょう。鋭い歯をもったウツボなどもこちらが手を出さなければ、噛みついてくる事もありません。

また毒のある生物、例えばカサゴ系やオコゼ・エイ(背びれに毒があります。)も向こうから襲ってくる事は無いです。イソギンチャクやクラゲなどは触れると被れたりします。基本的には水中動生物に触れない様にダイビングすれば問題ありません。

 

 

 

マスク(水中眼鏡)に水が入って、流されてしまう事がありますのでコンタクトの方は、なるべく度付きのマスクを使用して下さい。レンタルでは、3パターンの度付きのマスクを用意しております。

どうしてもコンタクトを使いたい方は、必ず使い捨てのソフトコンタクトを使用して下さい。ハードのコンタクトは、流れてしまったり、ずれてしまう可能性がとても高いので避けたほうが良いです。

Load More